CROSS FIRE (クロスファイア) オンラインゲーム人気ランキング

CROSS FIRE
(クロスファイア)

総合3 ゲーム性5 グラフィック3
爽快感3 コミュニケーション3 サービス3

テロ鎮圧傭兵部隊GLOBAL RISK(グローバルリスク)。過去に世界各国の特殊部隊で戦闘に従事してきた者たちで組織された部隊である。国家でさえ解決できない困難なミッションを達成することで、近年、その影響力を増している。傭兵部隊とはいえ、大義名分のない依頼は絶対に請け負わず、テロの粉砕という自分たちの信念のためだけに、世界の紛争地帯でテロリストとの戦闘を繰り広げている。 主なクライアントは、正規軍を持たない中立国家、テロリストの対象となっている国家、表には出せない極秘ミッションを抱えるUNのX-FILE 管理局などがある。
その一方で、金のためにはどんな残虐なミッションも平気で遂行する、国際的テロリスト部隊BLACK LIST(ブラックリスト) がある。彼らは、現在も世界各地でテロ行為を行っている。これを阻止しようとするGLOBAL RISKとの本格的な衝突は近い…。


対立する2つの勢力

GLOBAL RISKは世界各地の特殊部隊出身の軍人で組織されたテロ鎮圧傭兵部隊であり、巨大な軍事組織である。イギリス特殊部課「SAS」出身のアレックス・ロイド卿によって創設され、彼の後継者であるオーストラリア出身のアメリカ人企業家、マイケル・ノーマンによって組織として大きく成長した。
部隊長と理事長を兼任していたアレックス・ロイド卿の創設意思を受け継ぎ、世界平和の維持という目的のため、世界各地で極秘任務を遂行し、多くのテロリストたちを鎮圧しているが、組織としての利潤追求のため、強国とその資本の力に依存している利益団体でしかない、という非難の声もある。
事実、アメリカやイギリスなど、強国の論理に従う作戦に反発し、有能な部隊員たちが離脱していくという事件も、過去に発生している。
その中でも特殊任務遂行専門チームGRXは、主にUNのX-FILE管理局と合同作戦を担当しており、管理局の職員が計画したミッションをGRXが遂行する構造になっている。彼らが、今までどんな作戦を遂行してきたかは、外部はもちろんGLOBAL RISKなど、ほかのチームにも、あまり知られていない…。

BLACK LISTは各国の反政府軍やテロリストたちの特殊任務を代行する傭兵部隊である。部隊設立の経緯など、正確な情報を知る者はおらず、また、組織の本拠地や彼らの支持基盤となる国家についても把握されていない謎のベールに包まれた傭兵部隊である。
その一方で、彼らの背後にはイギリスのダイヤモンドマーケットを支配している 巨大権力が潜んでいるという噂もある。大国よりは弱小国からの依頼の請負が多いため、アメリカやイギリスからのけん制を常に受けている。
彼らは、一見、単なる国際的テロリスト部隊にも思えるが、大国のパワーゲームに巻き込まれ小国の利益を代弁するという、彼らなりの目的がある。BLACK LISTの多くの部隊員は紛争地域の出身者が多いという。


豊富なゲームモード

チームマッチ:チームメンバーとの協力戦。敵チームを全員倒すか、特定のミッションに成功すると勝利。5ラウンドから13ラウンドまでの先取ルールによる勝敗条件も設定可能。
チームワーク、戦略、戦術などチームプレイが重要になってくるモード。


チームデスマッチ:味方チームが敵チームより早く規定のKILL数を達成するか、制限時間内に相手より多くのKILL数を達成すれば勝利となる。仮に敵チームに倒されても、制限時間内であれば何度でも復活して再び戦闘に参加できる。
スピーディなプレイ展開を楽しめる、緊迫感あふれるモード。

ゴーストマッチ:クロスファイアだけのオリジナルゲームモード。 スリルと緊張感、さらに高度な戦略を要求するモードだ。BLACK LISTは特殊装置によって透明状態(ゴースト)となり、C4爆破ミッションを遂行する。対するGROBAL RISKは、C4爆弾を爆破阻止または解除しなければならない。 なお、ゴーストの攻撃アイテムはナイフのみ。GROBAL RISKチームはゴーストチームが動くときだけに現れる残像と足音に注意して攻撃を行い、爆破を阻止するのだ!
FPS史上最高の緊張感が実感できるモード。


『クロスファイア』のプロモーションムービー


Copyright (c)2008 Arario Corporation.. All Rights Reserved.

レビュー
Maya
総合3 ゲーム性5 グラフィック3
爽快感3 コミュニケーション3 サービス3
ゴーストモードがおもしろい!!他は普通だと思います。ターゲットがちょっと甘いかなと思ったり・・・。どうなんでしょう。。。サドンアタック同様に、気楽にプレイできるので時々やってます。
レビュー投稿
あなたのレビューをお待ちしております

関連ニュース